資料請求お問い合わせ
トップ新型インフルエンザへの対応について

新型インフルエンザへの対応について

新型インフルエンザへの対応について

新型インフルエンザの国内感染の広がりに伴い、感染の未然防止として学習塾ペガサスの対応方針及びご家庭へのお願いについて、下記のとおりご連絡いたします。

教室には多くの生徒が集まるという特性上、感染被害が拡大しないための措置となります。
都道府県や市区町村単位、学校・学級単位、または該当の方のみに欠席をお願いするケースもございますが、
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、この記載内容に関してましても、今後の状況により変更することがあります。 ペガサスの従業員も予防・管理を行ってまいりますが、生徒、保護者の皆様におきましても 日頃からの手洗い、うがいの励行をお願い申し上げます。


学習塾ペガサスの基本方針

基本方針

新型インフルエンザ等、広域に感染が拡がる恐れのある病気が発生し、地方自治体から学校休校や自宅待機等の要請があった場合は、それに準じた対応を行います。


症状発生時の対応

授業中に咳こむ、発熱等の体調不良の症状が見られる場合には、ご家庭に連絡の上、ご帰宅いただきますので
ご了承ください。


学級閉鎖時の通塾

通学している学校で、学級閉鎖等が出ている場合につきましても、ご家庭での判断、自己責任による通塾は可能とさせていただきます。その際、ご家庭における検温の徹底、うがい・手洗いの励行のほか、通塾時の消毒もお願いいたします。
また、マスクの着用等の感染防止策については、ご家庭で責任を持って実行していただきますよう、
お願い申し上げます。なお、判断に窮する場合は、学校の指導に従っていただくようお願いいたします。


ご家族で発症者がいる場合

ご家族でインフルエンザを発症している場合の通塾は、ご家庭にて判断をお願いします。
判断に窮する場合は、医療機関・保健所等に問い合わせていただき、その指導に従っていただくよう
お願いいたします。


お子様が発症した場合

お子様がインフルエンザ等の感染病を発症した場合、速やかにお通いの学校・教室へご連絡を
お願いいたします。また、医療機関からの指示に従い、解熱後の経過観察を終えるまでは通塾をお控えください。


【ご参考】新型インフルエンザについて

新型インフルエンザの症状

季節性インフルエンザと同じで、突然の発熱、咳、のどの痛み、鼻水などの症状が出ます。
ほとんどの場合が軽症で回復しますが、乳幼児や妊婦、高齢者の方や、持病(糖尿病などの代謝性疾患、腎機能疾患、ぜんそくなどの慢性呼吸器疾患など)をお持ちの方は、重症化するおそれがあるので、特に注意が必要です。


新型インフルエンザの感染

感染経路
季節性インフルエンザと同じで、咳やくしゃみのしぶきによる『ひまつ感染』(約2メートル範囲)、
ウィルスが付着した手で、目、鼻、口などをさわることで感染する『接触感染』が考えられています。

感染の拡大
新型インフルエンザは、多くの人が免疫を持っておらず、季節性インフルエンザに比べると、
感染が拡大しやすいと考えられます。

潜伏期間
感染から発病まで1〜7日間とされています。


新型インフルエンザの予防策

(1) 十分な睡眠、栄養をとり、体力・抵抗力をつける
(2) むやみに人混みに行かない
(3) 外出後、手洗いをする
(4) 外出後、うがいをする
(5) 室内を適度に加湿する
※室内における、空気洗浄機もしくは空気清浄機の活用も有効と考えられます。


  ページのトップ


資料のご請求・お問い合わせは 0120-492-544
資料請求
お問い合わせ
copyright